チラシとビラの作り方と大事なことby sohia

ラフスケッチとは

〈完成予定図〉ビラ、チラシ、リーフポスターなどの絵や写真を使う媒体は、ラフスケッチができないと作業は一歩も前にすすまない。 ラフスケッチとは、新聞や移誌 編集時のレビュー、コンテーに相当するもので、ラフとはいうが完成予定図のことである。行事チラシの場合には、最初にその行事の優越性、良さとはなにかをはっきりさせる。参加層にと っての利害得失から表現イメージを着想していきたい 。

〈早づくりのコツ〉

絵ごころのある人は、視略画をスケッチしながら、メーンタイトルとスローガンの位置取りをきめていくのが早い 。あるいはメーンタイトルとなる 行事名がきまれば、必要最小限の 文案を書きながら、全体の図柄を構想する行き方もある。ただし、ある日その場で急に突然にでは 、 最終ラフにならない。何回か前から折にふれて着想 を練っておくのが、早作りの源泉だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です